Return to site

早く、たくさん歩くのが正解なの?

〜ヤナギサワが教えるウォーキングファッションの選び方 第6回「ウォーキング初心者にありがちなミス」(2/4)〜

· ファッション

■第6回 ウォーキング初心者にありがちな悩み(2/4)

栁澤哲がウォーキングファッションの選び方や、最新アイテムを紹介するこの連載。ウォーキングをもっと楽しみたい人のためのコラムも交えながらお届けしていきます。

第6回は、ウォーキング初心者にありがちなミスやお悩みを、栁澤がズバリ解決します。

【目次】

1 ウォーキングでプロの真似をしていいもの、NGなもの

2 早く、たくさん歩くのが正解なの? ←今回はココ!

3 三日坊主には万歩計が効く!

4 ダイエットには朝、飴玉を舐めながら歩こう

——ウォーキングをしている人が自分より早く、長い距離を歩いていると焦ります。

栁澤:気持ちはわかりますが、やみくもに時間や距離を競う前に、自分は何を目的にウォーキングをしているのかを振り返ってみましょう。目的よりも方法が先に来てしまうと、余計な怪我をしたり、疲れて継続ができなくなったりしてしまいますよ。

そもそも、ゆっくり歩くのと早く歩くのでは得られるものが違います。たとえば、仕事に疲れている人がリラックスのためにウォーキングをはじめるなら、ペースを落として空気や風、景色を感じるのがベストです。

一方で、ダイエットが目的なら、少し早めに歩いた方が脂肪の燃焼効率も上がってくるでしょう。運動不足を気にしているのであれば、速度や距離は一旦置いておいて、とにかく歩いてみることがスタート。目標にとらわれてしまうと、かえって続かなくなってしまいますから。

大会に出てタイムを競うのもウォーキングの醍醐味ですが、楽しみ方はそれだけではありません。もしも気持ちが焦るようなら、自分はなぜウォーキングをするのか? をしっかり考えてみてくださいね。

次回は、「三日坊主には万歩計が効く!」をお届けします。お楽しみに!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK